【白谷雲水峡~縄文杉・鹿児島県屋久島】白谷雲水峡と縄文杉を1日で回ってみた|おすすめ登山コースと登山口までのアクセス

【白谷雲水峡~縄文杉・鹿児島県屋久島】白谷雲水峡と縄文杉を1日で回ってみた|おすすめ登山コースと登山口までのアクセス

 

世界遺産であり全国登山者の憧れの島、鹿児島県屋久島に行ってきました

 

屋久島の自然

 屋久島の登山道には
日本百名山のひとつで、九州最高峰である「宮之浦岳」
屋久島のシンボル「縄文杉」
もののけ姫のモデルになったことで有名な「白谷雲水峡」
と、見どころ盛りだくさん

旅行の日程等からもすべてを回るのは不可能だったため、人気の白谷雲水峡と縄文杉を見に行くことにしました

旅行ガイドとかでは「白谷雲水峡コース」と「縄文杉コース」と2日に分かれていますが、これを1日で登りました。人生初の日帰り10時間超えの登山となってしまいました・・・

登った日:2017年9月

 

 

白谷雲水峡と縄文杉を一日で回るのには体力が必要!

まず前提条件として、白谷雲水峡と縄文杉を一日で登るのは結構体力が必要です

 

今回の私のYAMAPデータですが、歩行距離:21.6km 活動時間:11時間47分
だいたい10時間ぐらい歩く」と思ってください

 

また日没までに下山することを考えると、朝の出発はかなり早くに設定する必要があります

 

どっちから登るか 荒川登山口or白谷雲水峡入口

白谷雲水峡と縄文杉を1日で回ろうとした場合2つの登山口があり、
まず、どちらの登山口から登るか考えなければなりません

2つの登山口の特徴

〇荒川登山口
・縄文杉のみが目当ての場合はここから登る
・3~11月は荒川登山口付近への駐車が禁止(バスかタクシーでアクセスしなければならない)
・縄文杉から白谷雲水峡へはコースが厳しくなる
・タクシーでの行き来は高くつく

〇白谷雲水峡入口
・白谷雲水峡のみが目当ての場合はここから登る
・登山口近くに駐車場がある
・白谷雲水峡から縄文杉へは比較的楽なコースとなる

 

ヤマトはもちろんですが、屋久島観光センターという施設で荷物の宿までの配送サービスが実施されています
荷物1つあたり500円ほどで配送してくれたので、お財布にも優しくおすすめです

 

 

 

白谷雲水峡入口から登山スタート〜白谷雲水峡コース〜

宮之浦の宿からタクシーで白谷雲水峡入口に向かい、朝4時40分にスタートしました

 

屋久島に流しのタクシーはいません
また、朝一タクシーが激混みです
同じことを考えてる登山客がいっぱいいるんでしょうね・・・
出来るだけ早い段階の電話予約が必須です!!

 

登山スタート!真っ暗

スタート時は真っ暗
この時星がめちゃくちゃ綺麗に見えました
星撮り目的で来てもいいかも

 

最初はヘッドライトの明かりを頼りに歩いていきましたが、すぐ明るくなりました

 

屋久島 くぐり杉

屋久島といえば、杉の木
いろんな形の大きい木があります
くぐり杉が楽しい

屋久島 くぐり杉

白谷雲水峡は苔むす森が有名です
神秘的ですごい景色ですが・・・

ずーっと素晴らしい景色なのでだんだんありがたみが無くなってきます
改めて見るとすごいんだけどなぁ

 

 途中には太鼓岩という見晴らしのいいスポットもあります

屋久島 太鼓岩

 

太鼓岩 撮影

 

太鼓岩から少し歩くと、四角いデカめの岩

屋久島 岩

みんなつい持ち上げちゃう写真スポット
ここをすぎたら、トロッコ道まであと少しです

 

 楠川分れから縄文杉・ウィルソン株へ〜縄文杉コース〜

白谷雲水峡を抜け、楠川分れに出るとトロッコ道にたどり着きます

屋久島 楠川分れ

いままでが山道だったため、テンションアップ!

屋久島 トロッコ道

途中でトロッコも目撃しました(現役!)

屋久島 トロッコ

トロッコ道を登り切り、登山道へ入っていくと、屋久島で間違いなくNo.1のフォトスポット、ウィルソン株があります

ウィルソン株 外観

 

ウィルソン株 ハート

頑張ってハートに撮りましょう!

さらに登っていくと縄文杉に到着です
登りは終了

縄文杉は展望台に取り囲まれています(木のすぐそばには近寄れません)
神々しい姿からパワーを貰いましょう!

縄文杉から荒川登山口までの下山で気をつけなければいけないのは時間です

 

荒川登山口には屋久杉自然館へのバスが出る時間までに着かないと、タクシーを呼ばなくてはなりません
時間とお金のロスが激しいのでできれば避けたい!
縄文杉での休憩しすぎに注意しましょう

 

屋久島 トンネル 登山道

トンネルまで来たら登山口までもう少し!
この写真を撮った後、バスがもうすぐ出るという話を地元ガイドの人から聞き猛ダッシュします
つかれた・・・

 

屋久島観光協会のサイトは必ずチェック

途中で紹介しましたが、屋久島観光協会のサイトは有益な情報ばかりです

バスの時刻等だけでなく、様々な観光資料をダウンロードできます
登山予定のない方でもぜひ一度目を通してみてください
これがあればガイド本いらないんじゃない?というレベルです

 

屋久島はアウトドア好きの天国

 

屋久島ではウォーターアクティビティが超さかん!
登山メインで屋久島旅行に向かいましたが、ダイビングもしました

 

屋久島 ウミガメ

およぐウミガメを見ることができました!

 

ダイビング以外でもカヤック(海・川)、SUP(海・川)、沢登り、シュノーケリング等
むしろ登山だけで来るのは損かもしれませんね

1回じゃとても遊びきれない屋久島
アウトドア好きならぜひ一度行ってみては?

登山ルート・登山口のアクセス

屋久島 登山ルート

今回の登山ルートです

白谷雲水峡入口→奉行杉コース→白谷小屋(トイレ有)→太鼓岩→楠川分かれ→大株歩道入口(トロッコ終着点・給水ポイント有)→ウィルソン株→縄文杉→来た道を帰る→楠川分かれ→荒川登山入口

 

白谷雲水峡入口

 

 

荒川登山口

 

 

九州地方の山カテゴリの最新記事